キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 転職するならコンプライアンスなんて常識なのになぜ重視されるのか? : コンプライアンスに転職するために。

転職するならコンプライアンスなんて常識なのになぜ重視されるのか?

転職者にとってコンプライアンスなど常識でも、組織ぐるみの犯行・隠蔽が後を絶ちません。世界から評価され企業価値の高い企業になることが急務です。

コンプライアンスに転職するために。メイン画像

転職するならコンプライアンスなんて常識なのになぜ重視されるのか?

コンプライアンスを常識と捉えている人ばかりではなく、世の中には犯罪のプロがいたり、魔が差してしまう人もいたり。

自分はどう対処するかが大事です。

■悪いことと分っていてもやってしまう悪しき社会。

質問者のように「コンプライアンス(法令順守)なんて当たり前」と理解してくれる人ばかりならいいのですが、世の中、そうでもないのです。

産業スパイのような盗みのプロもいれば、最初はそう思っていても金品を贈られて心が揺らいでしまう人もいます。

また大手の有名企業が組織ぐるみで情報を外部に流したり隠蔽したりといったケースもあります。

■社会人1年生・未経験者はもちろん、転職者でも再教育を。

そこで企業は転職者や新卒採用の新人=未経験者のうちからコンプライアンス教育を強化していこうという流れになっています。

データの外部流出などは、人間が意図的に行なわない限りでき得ることではありません。

またコンプライアンスのしっかりした企業でなければ企業価値が上がらず、株価は下がって社会から相手にされなくなるという危機感もあります。

■海外との取引が当たり前の昨今、日本の慣例や感覚だけで物事を処理できる時代ではなくなりました。

企業の社会的責任(CSR)というのがあります。

いまや世界的にみてどう評価されるかが会社の明暗を分ける時代です。

転職者でも未経験者であっても、コンプライアンスなんて常識とわかっていても、自信のある転職者でも、自分はどのように行動し規範を守り、そういう場面に遭遇したら実際にどう対処するかを整理しておく必要があります。

Copyright www.ent-asian.com.All Rights Reserved.

当サイト(コンプライアンスに転職するために。)の記事・画像などの無断転用を禁止します。