キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 コンプライアンスが必要とされる背景 : コンプライアンスに転職するために。

コンプライアンスが必要とされる背景

コンプライアンスの転職先として増加しているのは金融機関です。これらの企業がコンプライアンスを必要とする背景には、近年の大企業による不祥事が原因と言われています。

コンプライアンスに転職するために。メイン画像

コンプライアンスが必要とされる背景

コンプライアンスの転職先としては、どういった業種があげられるでしょうか。

まず特に増加しているコンプライアンスの求人として、金融機関からの物が多いようですが、具体的には証券、銀行、生命保険会社、アセットマネジメント、投信投資顧問、投資ファンド、監査法人、不動産、事業会社などがあげられます。

これらの企業がコンプライアンスの経験者を必要とする背景には、企業倫理意識の欠如による、大企業を中心とした不祥事が増えている事があげられるでしょう。

近年、新聞やテレビで取り上げられ世間を騒がせた事件で思いつくだけでも、食品の偽装表示、不正会計、不正入札、不当解雇、顧客情報流出など、様々な問題が発生しており、企業の中には消費者や取引先からの信用を失い、不買運動などにより業績を悪化させ、廃業に追い込まれたケースもありました。

これらの事件により世間やマスコミは企業を厳しく監視するようになり、再度同じような事件を起こさせない体制や制度が求められるようになっています。

コンプライアンスを重要視する事で、企業は重大な問題が起こる前の防止策になる事に加え、社会的信用度も高まるという効果も期待できます。

これからもっと重要度の増す業務であると同時に責任も大きい業種ではありますが、コンプライアンスはやりがいのある仕事だと言えるのではないでしょうか。

Copyright www.ent-asian.com.All Rights Reserved.

当サイト(コンプライアンスに転職するために。)の記事・画像などの無断転用を禁止します。